なぜ、ビジョンを描けないのか?

先日、私が学んでいる石見さんの合宿で
「ビジョン」の作り方を学んできました。

私は、効き脳的に「D」が低くく
全体像を描くのが苦手です。

「効き脳」って何なの?① | 3倍の利益を生み出すチームをつくる方法
チームビルディングにおいて、 最初にお伝えするのが、 「人と人は違う」 ということです。 人は、自分と異なる行動や思考に 出会うとイライラします。 「どうして、そんなことをするんだろう?」 「どうして、そんな考え方をするのだろう?」 そこから、妄想が始まります。 「あの人は嫌がらせのつもりでやっているに違いない。」 「あの人は私のことを嫌っているに違いない。」 相手が何を考えているのか?は、 相手に聞かなければ分からないのに、 そう思ってしまう。 このような妄想が、組織の関係性の質を落とし、 会社の業績を悪化させます。 この妄想は、相手は自分と同じように考えている という思い込みによるものです。 私はこの思い込みを排除するために 「効き脳」を使っています。 「効き脳」はGE(ゼネラル・エレクトリック)社の マネジメント教育の責任者であった ネッド・ハーマン氏によって開発されました。 現在、全世界で200万人以上の診断が行われ、 コカ・コーラ、資生堂など多くの企業で、 個々のスキルアップやキャリアプラン、 チームビルディングに幅広く活用されています。 人の脳は、大きく分けて、左右で2つ、 内側と外側で2つ、計4つに分けることができます。 右脳左脳というのは、聞いたことがあると思います。 内側と外側は、辺縁系と大脳新皮質です。 それぞれの機能を分けると A:左大脳新皮質→論理的、理性的 B:左辺縁系→保守的、計画的 C:右辺縁系→対人的、感覚的 D:右大脳新皮質→感情的、全体的 という感じです。 位置的にいうとこんな感じです。 この「効き脳」ですが、 人によって活用している「場所」が違います。 Aか?Bか?Cか?Dか?という感じです。 私が「人と人は違う」と言っているのは、 人によって使っている「脳の場所」が違うということです。 利き手に右利き、左利きがあるのと同じように、 脳にも「利き」があります。 Aの強い人は、理屈っぽく考える人です。 Bの強い人は、保守的に考える人です。 Cの強い人は、人間関係を最優先に考える人です。 Dの強い人は、全体として物事を捉える人です。 同じ状況に置かれても、脳の「利き」によって 思考の結果が変わってきます。 例えば、飲食店で新たにお店を出すとします。 Aの強い人は、採算が取れるのかな? と考えます。

どちらかというと目の前の仕事を
完了することで、
次の仕事をイメージするタイプの人間です。

そのため、「ビジョン」を描くのは
得意ではありません。

 

 

 

 

 

 

 

よく「数年後のことをイメージして
逆算して今を考えなければならない!」
みたいな話をされることがあります。

テニスの錦織選手も

 

 

 

 

 

 

 

サッカーの本田選手も

 

 

 

 

 

 

 

野球の大谷選手も

 

 

 

 

 

 

 

子供の頃に思い描いた夢
の通りになっています・・・

みたいな話をされるわけですが、
そんな話を聴くたびに、

将来を描けていない自分に
失望します。

 

 

 

 

 

 

 

どうしたら
「ビジョン」を描けるだろうか?
というのが私の長年の課題でした。

そもそも、
「ビジョン」とどういうものでしょうか?

さっそくですが、

シンキングターイム

 

 

 

 

 

 

いろいろな定義はあると思いますが、
石見さんの説明が私の腑に落ちたので
石見さんの説明を私の解釈を通して
お話します。

「ビジョン」とは

未来の自分をイメージしたもの

です。

 

 

 

 

 

 

 

そのイメージが
白黒よりカラーのほうがよりよく、
そのイメージが
画像よりも動画のほうがよい
というものです。

つまりは、
未来の自分をフルカラーの動画として
イメージしたものです。

 

 

 

 

 

 

未来の自分というのは、
別に遠い未来である必要はなく、
明日でも、3週間後でも、3ヶ月後でも
イメージできていれば、
それは「ビジョン」です。

ここで質問です。

みなさんは、明日の「ビジョン」
描くことはできますか?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

たぶん

できるんじゃないかな!と思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

では、

3週間後の「ビジョン」はどうですか?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

私にはできません・・・

 

では、なぜ、
明日の「ビジョン」を描けるのでしょうか?

それは・・・

 

やることが決まっているからです。

 

 

 

 

 

 

 

 

では、
もし、
私が3週間後に金沢に旅行することが
決まっていたらどうでしょうか?

たぶん、
お鮨を食べている動画が描けると思います。

 

 

 

 

 

 

 

私がビジョンを描けないのは、

どうやら、

将来、私がやりたいことを決めていなかったからだ!

という結論に至りました!

当たり前と言えば当たり前ですね!

 

 

 

 

 

 

 

 

次回は、

なぜ?ビジョンが必要なのか?をお話します。

http://robotjinji.com/blog/2017/04/01/%E3%81%AA%E3%81%9C%EF%BC%9F%E3%83%93%E3%82%B8%E3%83%A7%E3%83%B3%E3%81%8C%E5%BF%85%E8%A6%81%E3%81%AA%E3%81%AE%E3%81%8B%EF%BC%9F/

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です