効き脳と男性脳・女性脳

前回のブログで
女性と男性の脳の違いについて書きました。

たくさんのコメントをいただきました。

特に、女性から・・・

 

 

 

 

 

 

 

まさに、女性の共感脳が発揮された感じで
コメントを読んでいて楽しくなりました。

女性脳の共感力は凄いですね!

ということで、今回は、
マニアックに、男性脳と女性脳について
お話してみたいと思います。

 

 

 

 

 

 

 

私はチームビルディングで
「効き脳」診断を使っています。

「効き脳」についてはコチラ

「効き脳」って何なの?① | 3倍の利益を生み出すチームをつくる方法
チームビルディングにおいて、 最初にお伝えするのが、 「人と人は違う」 ということです。 人は、自分と異なる行動や思考に 出会うとイライラします。 「どうして、そんなことをするんだろう?」 「どうして、そんな考え方をするのだろう?」 そこから、妄想が始まります。 「あの人は嫌がらせのつもりでやっているに違いない。」 「あの人は私のことを嫌っているに違いない。」 相手が何を考えているのか?は、 相手に聞かなければ分からないのに、 そう思ってしまう。 このような妄想が、組織の関係性の質を落とし、 会社の業績を悪化させます。 この妄想は、相手は自分と同じように考えている という思い込みによるものです。 私はこの思い込みを排除するために 「効き脳」を使っています。 「効き脳」はGE(ゼネラル・エレクトリック)社の マネジメント教育の責任者であった ネッド・ハーマン氏によって開発されました。 現在、全世界で200万人以上の診断が行われ、 コカ・コーラ、資生堂など多くの企業で、 個々のスキルアップやキャリアプラン、 チームビルディングに幅広く活用されています。 人の脳は、大きく分けて、左右で2つ、 内側と外側で2つ、計4つに分けることができます。 右脳左脳というのは、聞いたことがあると思います。 内側と外側は、辺縁系と大脳新皮質です。 それぞれの機能を分けると A:左大脳新皮質→論理的、理性的 B:左辺縁系→保守的、計画的 C:右辺縁系→対人的、感覚的 D:右大脳新皮質→感情的、全体的 という感じです。 位置的にいうとこんな感じです。 この「効き脳」ですが、 人によって活用している「場所」が違います。 Aか?Bか?Cか?Dか?という感じです。 私が「人と人は違う」と言っているのは、 人によって使っている「脳の場所」が違うということです。 利き手に右利き、左利きがあるのと同じように、 脳にも「利き」があります。 Aの強い人は、理屈っぽく考える人です。 Bの強い人は、保守的に考える人です。 Cの強い人は、人間関係を最優先に考える人です。 Dの強い人は、全体として物事を捉える人です。 同じ状況に置かれても、脳の「利き」によって 思考の結果が変わってきます。 例えば、飲食店で新たにお店を出すとします。 Aの強い人は、採算が取れるのかな? と考えます。

この効き脳は、
人によってタイプが違います。

 

 

 

 

 

 

 

 

Aの強い人は、論理的に考える人です。
Bの強い人は、計画的に考える人です。
Cの強い人は、友好的に考える人です。
Dの強い人は、創造的に考える人です。

20分ぐらいのアンケートに答えると
このような結果が現れます。

 

 

人によってバラバラです。

同じ形をした人同士は
同じ思考のパターンを持っているので、
お互いの理解が容易にできます。

 

 

 

 

 

しかし、
形が違うと違う思考パターンなので、
お互いの理解が難しくなります。

 

 

 

 

 

 

脳のパターンとは、
その部分をたくさん使っている
ということで

その部分に電気信号が
たくさん流れているということです。

脳は右脳と左脳が脳梁でつながっています。

 

 

 

 

 

ふたつの脳が管でつながっている感じです。

そうすると、電気信号の流れとして

上下は通りやすいのは、
イメージできると思います。

AとB CとD

 

 

 

 

 

 

では、左右は?

管でつながっているので、
流れにくくなるのは、
イメージできると思います。

AとD BとC

 

 

 

 

 

 

では、斜めは?

上下に加えて左右ですから
もっとも流れにくいと
考えられます。

AとC BとD

 

 

 

 

 

 

実はこれが相性に現れます。

上下(AとB CとD)に関しては、
話し合えば理解し合えます。

 

 

 

 

 

左右(AとD BとC)に関しては
頑張れは何とか理解し合えます。

 

 

 

 

 

斜め(AとC BとD)に関しては
なかなか理解し合えません。

 

 

 

 

 

で、ここまでが効き脳の話です。

 

 

 

 

 

 

 

ここからが、今回の本で知ったことです。

右脳と左脳をつなぐ脳梁…

この脳梁の太さが女性の方が
太いのだそうです。

 

 

 

 

 

もともと、
脳の大きさは男性のほうが
大きいので、
相対的に小さな脳を
太い脳梁がつないでいることに
なります。

これは何を意味するか?というと、
右脳と左脳の電気信号のやりとりが
男性より女性の方が多いという
ことなのです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

つまり、
相性が悪いとされている
相手に対して
男性よりも女性の方が、
上手に対応している可能性が
高いということです。

また、
ABCDの連携が男性よりも
上手くできる可能性が高い
とも言えます。

 

 

 

 

 

 

 

 

つまり、女性のカンが鋭い
というのは、脳の構造的にも
説明がつきそうです。

 

 

 

 

 

 

 

 

こんなことを言うと男性脳は
無用に思われるかもしれませんが、
そんなことはありません。

男性脳は縦方向の電気信号の量が
女性よりも多いのです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

出典 www.biranger.jp

上が男性脳で下が女性脳です。

つまり、複雑なことを
突き詰めてものを考える
ことに長けているそうです。

 

 

 

 

 

 

 

 

一つ一つを突き詰めるのは
男性脳で、
その一つ一つをつなげるのが
女性脳と言えそうです。

追い詰められると男性がパニックになる
のに対して、女性が平然としているのは
どうやらここと関係がありそうです。

 

 

 

 

 

 

 

で、効き脳と男性脳女性脳を合わせて
考えると、
男性ほど女性は「効き脳」の影響を
受けないのではないか?
ということです。

つまり、効き脳診断の結果を
男性は深刻に受け取り、
女性はおしゃべりをして楽しむ・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

そうです。

女性は効き脳を知る前から
お互いの違いを共感という脳の機能で
克服しているのです。

「何をいまさらはしゃいでるの?」
っていう感じかもしれません。

 

 

 

 

 

 

 

 

うちの奥さんが私の効き脳の話に
ウンザリしているのには、
理由があるのですね!