苦手な仕事を克服するには?

独立して今日で半年が経ちました。

1月12日からスタートしたブログも
182回を数えることができました。

自分のために書くと決めて始めましたが、
FBにコメントをいただいたり、
直接、お会いした時に
声をかけていただいたり
皆さまの励ましがあって続けてきました。

ありがとうございます。

 

 

この半年で

・コンセプトを決めて

・ホームページを立ち上げ

・ブログを始めて

・メルマガも始めて

・自社でセミナーを始めて

・電子書籍の出版も間近です。

自分としてはかなりのスピードで
ビジネスをカタチにしてきました。

もちろん、マーケティングの先生
である神馬さんのおかげです。

長い間やろうとしてできなかった
ことが半年で整いました。

この半年を振り返って、
なんで、こんなに進んだんだろう?
と考えてみると…

・・・

・・・

・・・

時間があった

からです。

 

 

もちろん、独立して覚悟が決まった
ということもあると思います。

しかし、ここは精神論ではなく、
現実に即して話をしたいと思います。

 

私はマーケティングに関しては
大の苦手でした。

仕事の成果がすぐに見えないことを
するのが苦痛でした。

だから、マーケティングを
やろうとすると、逃げたくなります。

逃げ腰でやるので、無茶苦茶時間が
かかります。

 

だから、
マーケティンングはいつも後回しで
結局やらないということを
繰り返していました。

 

 

そんな私がマーケティングをやろう
という気持ちになったのは

物理的に

時間があった

というのが、本当に大きいのです。

 

よく「『時間がない!』は言い訳だ!
と言われます。

でも、それって本当でしょうか?

 

ここで知っていただきたいことがあります。

それは「効き脳」です。

効き脳」についてはコチラ ↓

「効き脳」って何なの?① | 3倍の利益を生み出すチームをつくる方法
チームビルディングにおいて、 最初にお伝えするのが、 「人と人は違う」 ということです。 人は、自分と異なる行動や思考に 出会うとイライラします。 「どうして、そんなことをするんだろう?」 「どうして、そんな考え方をするのだろう?」 そこから、妄想が始まります。 「あの人は嫌がらせのつもりでやっているに違いない。」 「あの人は私のことを嫌っているに違いない。」 相手が何を考えているのか?は、 相手に聞かなければ分からないのに、 そう思ってしまう。 このような妄想が、組織の関係性の質を落とし、 会社の業績を悪化させます。 この妄想は、相手は自分と同じように考えている という思い込みによるものです。 私はこの思い込みを排除するために 「効き脳」を使っています。 「効き脳」はGE(ゼネラル・エレクトリック)社の マネジメント教育の責任者であった ネッド・ハーマン氏によって開発されました。 現在、全世界で200万人以上の診断が行われ、 コカ・コーラ、資生堂など多くの企業で、 個々のスキルアップやキャリアプラン、 チームビルディングに幅広く活用されています。 人の脳は、大きく分けて、左右で2つ、 内側と外側で2つ、計4つに分けることができます。 右脳左脳というのは、聞いたことがあると思います。 内側と外側は、辺縁系と大脳新皮質です。 それぞれの機能を分けると A:左大脳新皮質→論理的、理性的 B:左辺縁系→保守的、計画的 C:右辺縁系→対人的、感覚的 D:右大脳新皮質→感情的、全体的 という感じです。 位置的にいうとこんな感じです。 この「効き脳」ですが、 人によって活用している「場所」が違います。 Aか?Bか?Cか?Dか?という感じです。 私が「人と人は違う」と言っているのは、 人によって使っている「脳の場所」が違うということです。 利き手に右利き、左利きがあるのと同じように、 脳にも「利き」があります。 Aの強い人は、理屈っぽく考える人です。 Bの強い人は、保守的に考える人です。 Cの強い人は、人間関係を最優先に考える人です。 Dの強い人は、全体として物事を捉える人です。 同じ状況に置かれても、脳の「利き」によって 思考の結果が変わってきます。 例えば、飲食店で新たにお店を出すとします。 Aの強い人は、採算が取れるのかな? と考えます。

これが私の2年前の「効き脳」です。

 

 

効き脳」は20分くらいの診断で
自分の思考のタイプが分かります。

Aの強い人は理屈っぽく考える人です。
Bの強い人は計画的に考える人です。
Cの強い人は人間関係を最優先にする人です。
Dの強い人は全体として物事を捉える人です。

 

私「D」が低いでしょ!

D」が低いと全体が見えません。

つまり、
マーケティングのような
流れをデザインするような仕事は
私には難しいのです。

 

 

せいぜい2~3日先しか
見えないような感じです。

全体を見通すような仕事は
時間がかかります。

マーケティンングの仕事をする時は
時間がかかってもやる!と覚悟を決めて
取り掛かる必要があります。

そのため、マーケティンングの仕事を
やろうとすると時間を確保する
必要があるのです!

 

 

で、今は?と言われると

1週間先ぐらいは見えるように
なったかな?と…

つまり、
D」が増えているのではないか?と・・・

で、半年ぶりに「効き脳」をやってみました…

その結果は…

・・・

・・・

・・・

 

あれ?あれ?   下が2年前です。

D」(全体)が32→27に減った分、
A」(理屈)が60→73に増えている・・・

たしかに、「強み」を活かしましょう!
と言っていますが・・・

 

 

A」(理屈)が伸びているいうのは、
ブログを書き続けているからでしょうか?

 

しかし、相変わらず
D」(全体)が弱い・・・

たしかに、
新しいこと(電子書籍)も時間がかかっています・・・

ビジネスをやるには、
D」(全体)が欲しいのですが・・・

 

結局、苦手な仕事を克服するには、

時間をかけるしかないようです。

 

<お知らせ>

あなたの「効き脳」を診断します!

ロボット人事研究所では
毎月、強み=効き脳」のセミナー
をやっています。

自分の「効き脳」を知って、
ゲームで「効き脳」を使うセミナーです。

7月29日(金) 残席1名

8月25日(金) 残席3名

ご興味のある方は、コチラをご覧ください!

 

「効き脳」のセミナーをやります! | 3倍の利益を生み出すチームをつくる方法
「効き脳」と「ゲーム」で チームで成果を上げる組織を作るセミナー 効き脳は、思考のパターンです。 自分が普段どのように思考しているのか? が診断結果として現れます。 診断結果が分かれば、 自分の「強み」と「弱み」が分かります。 自分が得意だったり、苦手だったり するものが、脳の使い方による ものだということが分かります。 私自身は新しいことを始めたり 細かなことをやることが、 苦手であることが分かりました。 そこで、仕事の仕方を変えました。 その結果、自分の得意なことに 特化することで、モティベーション 高く仕事ができるようになりました。 今回のセミナーでは セミナーの数日前に「効き脳」診断を メールのやりとりで実施していただきます。 (有料:セミナー料金に含んでいます) そして、セミナー当日 「効き脳」の診断結果をお伝えして、 解説をした後に「ゲーム」を行います。 「ゲーム」をすることで、 効き脳について、 より理解していただけると思います。 人の問題で悩んでいる方に 是非とも、参加していただきたいです! 1.日時 ①平成29年8月25日(金) 17:00~19:30 ⇒ 定員5名 残席2名 ②平成29年9月27日(水) 17:00~19:30 ⇒ 定員5名 2.会場 ロボット人事研究所 神奈川県川崎市高津区末長1-23-31 大明梶ヶ谷ビル3階 東急田園都市線 梶ヶ谷駅 徒歩1分 3.参加費 8000円(税込み) ※効き脳診断受診済みの方は5000円(税込み) 4.講師 瀧田勝彦(たきたかつひこ) ㈱ロボット人事研究所代表取締役 チームマネジメントパートナー 5.内容 ★効き脳診断結果の解説 ★効き脳がコミュニケーションに与える影響 ★問題解決における「効き脳」の使い方 ★成果を上げている会社に共通する3つのキーワード ★15分で職場の問題が浮き彫りになる「カードゲーム」 ★チームが成果を上げるために超えなければならない 「壁」の正体とは? ★社員に任せたほうが上手くいく理由とは? ★その他 ※セミナーはグループワークで行います。 お申込みはコチラ! ※先に言えば説明、後に言うと言い訳 このセミナーは、 人の問題で困っている方

 

ブログをメルマガで配信しています。
ご希望の方はご登録いただければと思います。

■登録・解除フォーム

ご登録されたいE-mailアドレスを入力し、ご希望内容のボタンをお押し下さい。




 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です