社長が飲み会の翌朝に会社に来ないのですが・・・

ある社員さんから相談がありました。

「飲み会の翌朝、
社長が会社に来ないのですが、
どう思います?」

う~ん

何とも答えにくい相談です。

相談というか、質問?

さて、なんと答えるか?

シンキングターイム

 

日本キャッシュフローコーチ協会の
和仁先生に、こんなことを教わりました。

普通のコンサルタントは
質問の〇〇に答える。

出来るコンサルタントは
質問の△△に答える。

さて、〇〇と△△に入る言葉は何でしょう?

ダブルシンキングターイム

正解は・・・・

普通のコンサルタントは
質問の「内容」に答える。

出来るコンサルタントは
質問の「意図」に答える。

 

つまり、質問をされているときに、

そもそも、
なぜ、その質問をしているのか?

を考えることが必要だということです。

 

出来るコンサルタントになりたい私は、
質問の「意図」に答えます。

そもそも、
なぜ、彼はこんな質問をするのだろう?

 

 

2つ考えられます。

1つ目の可能性は、
彼が「社長といえどもルールを守るべきだ!」
という価値観や考え方を持っている。

始業時刻や終業時刻を守らなければならないのは
労働者ですから、社長は関係ありません。

社長には残業代が出ませんから・・・

しかし、
マネジメントの観点でいうと「守る」べきです。

なぜなら、社員に守らせないといけないから・・・

つまり、
時間を守らない人に
「時間を守れ!」と言われても
冗談にしか聞こえないということです。

そうすると、ルールの観点で言っているのか?
マネジメントの観点で言っているのか?
によって、回答の仕方が変わってきます。

ルールの観点で言っているのであれば、
簡単です。

「社長には残業代が出ないよね!」
と答ええばよいのです。

 

しかし、
マネジメントの観点で言っていると厄介です。

このままだと答えようがありません。

あとで考えます。

 

 

では、
「なぜ、彼は私にこんな質問をするのだろう?」
の2つ目について考えてみます。

2つ目の可能性は、
彼と社長の間に感情的な問題がある。

これは感情的になる原因を解決するしかない
のですが、そこを解決しても解決しません。

過去に何かしらの行き違いがあって、
そのままになっている可能性があります。

そこの誤解を解く必要があります。

となると解決方法は当人同士で話すしかない!

ただ、これも思考のパターンが違うと
いくら話をしてもすれ違うので、
間に人が入ったほうがいい・・・

って、私?

みたいな問題・・・

 

でも、もっと考えていくと
3つ目の可能性もあります。

いくら感情的になるとしても、
ここまで感情的になるだろうか?

となると、根本的な問題か?

社長が社長の仕事をしていない・・・

社長が社長の仕事をしていれば、
こんなことを質問してこないと思うんです・・・

でも、これも、正直、難しい問題です。

彼が、そう思っているだけかもしれません。

つまり、彼にそれだけの認識がない。

社長が背負っている責任を理解していない。

理解できなくてもよいのですが、
そういうものがあることを
感じることができない。

 

それとも、

社長に問題があるのかもしれない・・・

本当に社長が社長の仕事をしていない。

でも、
仕事をしていない?を
どう評価すべきなのか?

そもそも社長の仕事は何なのか?

こんなことをグルグル考えながら、
ここで彼の質問に答えるべきか?
を考えたりするわけです。

すると、
もう1つの考えが浮かんできます。

そもそも、
なぜ、私にこういうことを質問するのか?

直接、社長に言えばよいのではないか!

直接、社長に言えないのはなぜか?

これで、ますます、答えられなくなる。

 

でも、そういう問題なのだと思います。

長くなってきたので、今日はこの辺で!

<お知らせ>

セミナーをやってます!

診断で自分の「思考パターン」を知って、
ゲームで自分の「思考パターン」の使い方
を学ぶセミナーです。

7月はお陰様で満員御礼!

8月は、25日(金)開催で残席2名です!

9月分も追加しました!

こちらから申し込めます!↓

「効き脳」のセミナーをやります! | 今いるメンバーで3倍の利益を生み出すチーム作り
「効き脳」と「ゲーム」で チームで成果を上げる組織を作るセミナー 効き脳は、思考のパターンです。 自分が普段どのように思考しているのか? が診断結果として現れます。 診断結果が分かれば、 自分の「強み」と「弱み」が分かります。 自分が得意だったり、苦手だったり するものが、脳の使い方による ものだということが分かります。 私自身は新しいことを始めたり 細かなことをやることが、 苦手であることが分かりました。 そこで、仕事の仕方を変えました。 その結果、自分の得意なことに 特化することで、モティベーション 高く仕事ができるようになりました。 今回のセミナーでは セミナーの数日前に「効き脳」診断を メールのやりとりで実施していただきます。 (有料:セミナー料金に含んでいます) そして、セミナー当日 「効き脳」の診断結果をお伝えして、 解説をした後に「ゲーム」を行います。 「ゲーム」をすることで、 効き脳について、 より理解していただけると思います。 人の問題で悩んでいる方に 是非とも、参加していただきたいです! 1.日時 ①平成29年8月25日(金) 17:00~19:30 ⇒ 定員5名 残席2名 ②平成29年9月27日(水) 17:00~19:30 ⇒ 定員5名 2.会場 ロボット人事研究所 神奈川県川崎市高津区末長1-23-31 大明梶ヶ谷ビル3階 東急田園都市線 梶ヶ谷駅 徒歩1分 3.参加費 8000円(税込み) ※効き脳診断受診済みの方は5000円(税込み) 4.講師 瀧田勝彦(たきたかつひこ) ㈱ロボット人事研究所代表取締役 チームマネジメントパートナー 5.内容 ★効き脳診断結果の解説 ★効き脳がコミュニケーションに与える影響 ★問題解決における「効き脳」の使い方 ★成果を上げている会社に共通する3つのキーワード ★15分で職場の問題が浮き彫りになる「カードゲーム」 ★チームが成果を上げるために超えなければならない 「壁」の正体とは? ★社員に任せたほうが上手くいく理由とは? ★その他 ※セミナーはグループワークで行います。 お申込みはコチラ! ※先に言えば説明、後に言うと言い訳 このセミナーは、 人の問題で困っている方

ブログをメルマガで配信しています。
ご希望の方はご登録いただければと思います。

【ロボマガ】チーム作りの秘訣




 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です