過去を浄化するということ

「純烈」というグループの一人が
過去に犯した女性への暴力で
芸能界から引退するそうです。

 

この「純烈」というグループは、
紅白で初めて見ました。

 

「スーパー銭湯アイドル」と言われ、
「親孝行、紅白歌合戦出場、
全国47都道府県で唄うこと」
を結成以来の目標として掲げてきた
ということが実現したんだなと
思っていました。

 

ここで、今回の騒動・・・

 

過去のことを持ち出されのは
何とも気の毒な気もしますが、
それにしても、
内容がひどすぎますね!

 

少し調べてみると、
「純烈」というグループ名には、
想いが込められているようです。

 

それは・・・

 

「純粋であり、
かつ強く正しく節操や分別がある」

 

「志を変えずに最後まで貫く」

 

なるほど、いくら過去のことは言え、
本人がやってしまったことと
グループのイメージが違いすぎます。

 

これは、このグループには
居られないでしょうね!

 

純粋でもないし、
節操がある訳でもありません。

 

さらには、記者会見で、
「ほかに思い当たることはないか?」
と同様の被害を訴える女性が
さらに出てくることはないのか
を聞かれ・・・

 

「いや・・・あの」と即答できず、
「ないと思いますけどね」
と答えるにとどめたそうです。

 

さらに、今日のワイドショーで
被害を受けた女性が、
記者会見で話していることが
「事実と違う」と訴えていました。

 

結局、ここまで来ても
さらけ出すことが出来ていない・・・

 

この人は、この場に及んでも
まだ、自分を守ろうとしている・・・

 

私は、昨年末、
ブログの師匠である裕治郎さんの
「リボーンアワード」に出場しました。

 

 

200人の前で自分の人生を語る
ということをしました。

 

その出場までの心情を
ブログで毎日に書きました。

http://robotjinji.com/blog/category/%E3%83%AA%E3%83%9C%E3%83%BC%E3%83%B3%E3%82%A2%E3%83%AF%E3%83%BC%E3%83%89/

 

出場するまでの間、
裕治郎さんに言われ続けていたのは・・・

 

 

「過去を直視しないで生きていると
必ず、その過去でつまづく時がくる」

 

今回の「純烈」のこの方は、
過去を直視していないのだと思います。

 

過去を直視したら、
同じことは二度と出来ません。

 

行動が変わるはずなんです。

 

過去を浄化するというのは
自分にある「根っこ」を変えるという
ことです。

 

「氷山モデル」です。

 

 

 

海に浮かんている氷山は
見ている部分は一部であって
海面の下には、
見えているものよりも
大きな氷の塊が沈んでいます。

 

見えている部分が・・・

 

「出来事」
(何が実際に起こったのか?)

 

海面の下には・・・

 

「パターン」
(今まで何が起こってきたか?)

 

「構造」
(何がパターンに影響を及ぼしたか?)

 

「メンタルモデル」
(どんな信念、価値観を抱いているか?)

 

「出来事」というのが「行動」です。

 

過去を直視することで、
自分の「パターン」や
「構造」に気付くことで、
「メンタルモデル」に行き着きます。

 

私の場合は、
恵まれた家庭に生まれたことです。

 

そんなに苦労をすることなく
生きてきてしまったことによって
自分の本当の力が分からない
ということです。

 

で、それを受け入れた上で
自分が日々全力で生きていると
胸を張って言えるのか?

 

それに「YES」と言えるように
日々全力で生きるしない!

 

そう思えるようになりました。

 

私は、これが
「過去を浄化する」
ということだと思います。

 

だから、
自分の過去をぶちまけるだけ
ではありません。

 

自分の価値観が変わり、
行動が変わって、
はじめて、過去を浄化できた!
ということになるのだ
と思います。

 

そういう意味では、
私も行動を続けなければ
なりません!

 

さぁ~電子書籍の原稿を書くぞ!

 

今月、品川でセミナーをやります!

 

言い方を変えるだけで、社内の「人間関係」が改善し、
社員が誰一人辞めなくなる『ロボット型』組織づくりセミナー

いつもブログでお伝えしている「効き脳」診断をして
ゲームをしながら、人と人がすれ違うメカニズムを
参加者の皆さんと一緒に学びます!

 

平成31年1月16日(水)と平成31年1月29日(火)です。

 

両日とも残席が1席となりました。

 

皆様の参加をお待ちしています!

詳しくはこちら ↓

平成31年1月16日と29日にセミナーを開催します!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です