効き脳診断をして、
アナタの「強み」を可視化して
「強み」についてコーチングをします!

効き脳診断とは?

効き脳診断は、
大脳生理学のハーマンモデル理論
をベースとしています。

ハーマンモデル理論は
GE(ゼネラル・エレクトリック社)の
マネジメント教育の責任者であった
ネッド・ハーマン氏によって開発されました。

全世界で200万人以上の診断が行われ、
コカ・コーラ、資生堂など多くの企業で、
個々のスキルアップやキャリアプラン、
チームビルディングに幅広く活用されています。

人の脳は、大きく分けて、
左右で2つ、内側と外側で2つで、
4つに分けることができると言われています。

それぞれの「脳」を分けると

A:論理・理性脳

B:計画・堅実脳

C:感覚・友好脳

D:全体・創造脳

です。

この「効き脳」ですが、
人によって活用している「脳」が違います。

利き手にも
右利き左利きがあるのと同じように、
脳にも「効き」があります。

Aの強い人は、
理屈っぽく考える人です。

Bの強い人は、
保守的に考える人です。

Cの強い人は、
人間関係を最優先に考える人です。

Dの強い人は、
全体として物事を捉える人です。

人は、無意識に
自分の強い「効き脳」で考えます。

思考のクセみたいなものです。

そのため、「効き」が違う人同士が
話し合うと話がかみ合いません。

これが、上司と部下だったら、
どうでしょうか?

上司が自分の感覚で話をしても
部下には伝わりません。

そういう場合は、
自分の効き脳と部下の効き脳のズレを
意識しながら話をする必要があります。

そのためには、
まず、自分の効き脳を知る必要があります。

効き脳は、WEB上で
43問の質問に答えることで
10分程度で診断することができます。

ご希望の方は、ロボット人事研究所で、
効き脳診断を受診することができます。

効き脳コーチング

是非、効き脳診断を受けて
いただきたいのですが、
診断結果を見ただけでは
効き脳を活かすことができません。

なぜなら、
自分にとっての「効き脳」は
当たり前で自分では気づけないからです。

そこで、ZOOMを使って、
診断結果について解説をして、
コーチング的にセッションをします。
(約60分間)

まずは、一般的な効き脳の解説をします。

その後、
効き脳が発揮されている場面をお聞きしながら、
成果が出ているパターンを明らかにします。

効き脳がどのように影響を及ぼしているのか?
を知ることが再現性を高めます。

効き脳コーチングを通して、
ご自分の効き脳の使い方を
マスターしていただきたいと思います。

自分の効き脳の使い方をマスターすることで
自己理解と他者理解が深まり、
コミュニケーション能力が上がることで
成果が上がりやすくやります。

効き脳コーチングの流れ

効き脳コーチングの手順は以下の通りです。

①効き脳診断の申し込み

②診断方法の連絡と請求書の送付

③振込の確認

④診断メールの送付

⑤診断の実施(WEB)所要時間10分

⑥セッションに日時の調整
弊社からメールをします。

⑦セッションの実施(約60分)
ZOOMのアドレスをお知らせします。

効き脳コーチングの料金

料金:11,000円/回(税込み)

診断料とコーチングセッション(60分)

お申込みはコチラ

会社名
メールアドレス
お名前
電話番号

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加