U理論の下に行くのは難しい

前回のブログで
U理論の破壊へのプロセス
について書きました。

 

U理論が人間関係を破壊から救う

U理論が人間関係を破壊から救う

 

U理論は破壊への道だけでなく
成果の道もあるんです。
(一般的にはこちらがU理論です)

 

それは「下」に行く場合です。

 

 

「ダウンローディング」

起こった現象を認識する段階です。

最初はニュートラルの状態です。

前回は、ここで自分にとって
都合が悪い、観たくない場合は、
「上」に行きましたが、
今回は「下」に行きます。

ここがスタートです。

「保留」

自分の心の中に浮かんだ考えや
正誤、善悪の判断を保留します。

思考のスピードを落とす感じです。

「観る」

起こっている状況をよく観る
ということです。

「視座の転換」

見えないものを見ようとする
ことです。

ルービックキューブの裏側を
見ようとすることです。

「感じ取る」

見ようとすると、
なんとなく相手の意図が感じ取れる
ようになります。

「手放す」

プライドや立場を脇に置いて、
自分の判断や思い込みを手放します。

「プレゼンシング」

今まで見えなかったことや
感じ取れなかったことが
湧き上がってきます。

ルービックキューブの
裏側が見えてくる感じです。

「迎え入れる」

湧き上がってきたものを
受け入れます。

「結晶化」

言葉にならないものを
声に出す感じです。

湧き上がってきたものが
形になってきます

「具体化」

声になったものを
言葉にする感じです。

形になったものが何なのか?
考えている段階です。

「プロトタイピング」

試行錯誤している状態です。
もう少しでハッキリする感じです。

「実体化」

ようやくハッキリした状態です。
言葉で表現できるようになります。

「実践」

しっかりと腹落ちして
自分のものになっている感じです。

 

このようにして、
モヤモヤしていたものが
成果になります。

 

「上」に行く場合と違って、
難しく感じられるかもしれません。

 

しかし、あとから考えて、
「なんだ!そういうことなんだ!」
みたいに思ったことはあると思います。

 

「下」に行くというのは、
そんな感じです。

 

ただ、「下」に行くのは難しいです。

 

「なんだ!そういうことなんだ!」
なんて、思おうと思っても、
思えるものではありません。

 

ふと気が抜けたら出てくる感じです。

 

だから、「下」に行こうと思ったら、
心を穏やかにするぐらいしか
ないのだと思います。

 

だからこそ、
マインドフルネスが
大事になってくるのだと思います。

 

いずれにしても、
意図的に「下」に行くのは難しい
と思います。

 

だとすると、
現実的には「上」に行かないように
するしかありません。

 

私の感覚で言うと、
「上」に行かないようにすれば、
いづれ「下」に行けるようになる
という感じです。

 

 

こんな話をすると、
「よくわかんないですけど・・・」
みたいな話になります。

 

しかし、それこそ、
Uの字の「上」に行っていませんか?
みたいな話です。

 

組織のいたるところに
上手くいかないメカニズムがあって
意識をしていないと
すぐに「上」に行ってしまいます。

 

メカニズムを理解することが
組織を上手く機能させるために
必要だと思います。

 

そんな組織のメカニズムを伝えるのが、
チームビルディング経営塾です。

 

チームビルディング経営塾の詳細は
コチラをご覧ください。
https://peraichi.com/landing_pages/view/5z51y

 

内容についてご興味のある方は、
上記HPのお問い合わせ申し込みフォームで
お申込みをいただくか、
コチラにメールを下さい。
info@robotjinji.com

 

今日も最後まで読んでいただいて
ありがとうございます。

 

名古屋大阪で面談力向上セミナー開催!

 

面談をするだけで、
社員のやる気がアップする!
『ここのまま話せば、社員が辞めない面談』
セミナー IN 名古屋&大阪

 

いつもブログでお伝えしている
人と人の違いをワークを通じて
理解していただきます。

 

実際に参加者同士で
交互に面談をしていただき、
面談のコツをつかんでいただきたい
と思っています。

 

【大阪】

2020年2月27日(木)大阪

時間は、13時半から16時半です。

詳しくはコチラ

大阪で面談セミナーをやります!

 

【名古屋】

2020年2月3日(月) 伏見(名古屋)

時間は、17時から20時です。

詳しくはコチラ

名古屋で面談セミナーをやります!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です